ゴールデンウィークアルバイト

アルバイトをやめるとき

アルバイトとは行ってもれっきとしたお仕事です。
たとえ、ゴールデンウィークだけの短期アルバイトであったとしても。

 

アルバイトをやめるときは、
日本の法律に従った、また会社の規約に従った方法で辞職を行なう必要があります。

 

2週間前には雇い主に対して、仕事をやめようと思っていることを伝える必要があります。
アルバイトを行なう際に、きちんと労働契約を結んでいるはずなので、
その契約に准ずる必要があるわけです。

 

もし、この手順を誤ってしまうなら、仕事をやめられないだけでなく、
自分がやめることで生じた損害を補償しなければいけないこともあるかもしれません。
ですから「いつ話すのか」ということには注意が必要です。

 

仕事をやめることを伝えると、会社は代わりのアルバイトを探すことになりますので、
その人に仕事の内容を伝えることも必要になります。
円滑に仕事の引継ぎができるように努力しましょう。

 

こうしたことを実践すること、また実践しようを思っていることを、
雇い主にきちんと伝えるなら、雇用主も協力してくれるでしょう。

 

⇒ ゴールデンウィークのおいしいアルバイト探しはこちら!